兵庫|遺言書・相続の公正証書作成支援【辰巳総合法務事務所】

離婚に関する業務

  • ホーム
  • >
  • 離婚に関する業務:協議離婚と調停離婚

協議離婚と調停離婚

協議離婚をする場合

  • 協議離婚をする場合

離婚する人の約90%が協議離婚です。
調停については家庭裁判所で行われますので、このサイトでは扱いません。

しかし調停で決められる財産分与や慰謝料、養育費などは、協議離婚する場合でも決められますし、決まれば公正証書を作成しておくことを強くお勧めします。

何故協議離婚をしてしまうのか。

一刻も早く別れたい人
どうせお金が取れないと思っている人

でも協議離婚でも話し合いのテーブルについてもらい調停と同じような条件を公正証書で作成すれば、後日養育費などの差し押さえが用意にできます。

当事務所では協議離婚をする場合の公正証書の作成の原案作成支援をご案内しています。

協議離婚のメリット ◆ お互いの意思だけで役所に離婚届を提出すれば成立するのでとても簡単に離婚できる
◆ 調停に比べると短時間で解決できる可能性が大きい
◆ 裁判所に呼び出しを受けるという対面を気にしたり、忙しい人、早く解決したい人に向いている
協議離婚のデメリット ◆ 相手とちゃんと向き合って話し合いができない人には不向きかも知れませんが弁護士さんにお願いすればこの点は解決できます(お金がかかります)
◆ 調停のような拘束力がないので、後日紛争が起こる可能性がある ⇒ 公正証書の作成で回避できます

家庭裁判所における離婚

離婚について当事者間の話合いがまとまらない場合や話合いができない場合には,家庭裁判所の調停手続を利用することができます。
調停手続では,離婚そのものだけでなく,離婚後の子どもの親権者を誰にするか,親権者とならない親と子との面会交流をどうするか,養育費,離婚に際しての財産分与や年金分割の割合,慰謝料についてどうするかといった財産に関する問題も一緒に話し合うことができます。
訴訟もできますが、調停前置主義といって原則は先に調停の申し立てをする必要があります。
そして調停は家庭裁判所で行われますので、このサイトでは扱いません。

私個人は、家庭裁判所の調停は大変優れた制度だと思っています。

調停のメリット ◆ 相手と直接顔を合わせなくて済む、間に裁判所が入ってくれる
◆ 費用がとても安い
◆ 離婚の時に解決すべきことをほぼ網羅して解決してくれる
◆ 調停成立の場合、判決と同じ効力がある
調停のデメリット ◆ 相手が調停に応じない場合、譲らない場合不成立になる⇒ 審判、訴訟に移行
◆ 場合によっては、解決するまでにとても時間がかかる

結論

協議離婚が良いか、調停にするのが良いか、一概には言えません。
お互いに生身の人間ですから機械的に処理できないということです。

調停にしたくても応じてくれない人も結構います。
それはまず裁判所などに行きたくない人、他人に自分の話をすることさへ嫌でそんなことで解決できるわけがないと思っている人、忙しくて調停の呼び出しに中々いけない人、色々なタイプの人がいます。

それを無視してしまうと、まとまる話もまとまらなくなります。
まずはこの見極めが重要かもしれません。

最初にこの読みを間違うと変な方向に入ってしまったり、長引く可能性もあります。

私の経験からはいきなり調停を申し立てるのてはなく、まず話し合いができるのであれば話し合いを、それも拒否されれば調停もやむを得ないかな、と思います。

そしてかなり心理的な作戦も入ってくることも確かです。

他に離婚までに要する時間やお金の問題などもこれに絡んできます。

当事務所では、行政書士業務としては勿論、協議離婚の公正証書などの支援をおこなっておりますが、これとは別に色々な悩みの相談員もしていますので、必要な場合はお声かけください。 ⇒ 翠の風の相談室

mailform

pagetop