兵庫|遺言書・相続の公正証書作成支援【辰巳総合法務事務所】

その他に関する業務

  • ホーム
  • >
  • その他に関する業務:不動産の活用・処分

不動産の活用・処分

不動産をどうしよう・・・・

  • 不動産をどうしよう・・・・

不動産を何とかしたい・・・・
背景は様々ですが色々な事情から不動産を何とかしたい、というご相談もよくあります。

相続財産の中に不動産がある 売却しないと遺産分割できない
誰も欲しくない
親が住んでいたが自分はもう親の家に戻らない
共有にしたくないので処分したい
困った空家(特定空き家)がある
一人身なので迷惑がかかるので不動産は処分して金銭だけにしておきたい
終活 高齢になり一人で自宅で住むのが困難になってきたので自宅を売却して老人ホームに入りたい
家族で住んでいたが一人になり、掃除も大変でコンパクトなマンションか賃貸に住みたい
離婚 財産分与のお金が作れない
嫌な思い出があるので処分したい

※ 特定空き家とは放置された空き家が起こす様々な問題、治安の低下、犯罪の発生、環境の悪化、周辺住民の生活環境に悪影響を及ぼすものに対して、平成27年2月に空家等対策の推進に関する特別措置法が施行され、これにより所有者が簡単に特定できるようになり、更に空き家への立ち入り調査、修繕や撤去の命令、行政代執行による建物の解体ができるようになりました。これを受けて多くの自治体が条例を設けています。

このようなご相談にもこたえられるのが当事務所の強みです

担当者は過去に不動産会社に勤めておりましたので不動産会社の内情に精通しています。
ですからあまり一般の方がご存じではない知識や情報をご相談に生かしています。

不動産を売却するにあたり、お客様に一番適切な方法を提案しています。

例えば
売るにあたり時間をかけてよいのか、あるいはすぐにでも資金化する必要があるのか
空き家になっているか、住まわれているのか
少しでも高く売れるコツ
など、です・・・・

空家対策一つをとっても、相続前に手をかけて賃貸にした方がよいのか、相続が発生する前に売ってしまった方が有利か・・・
これはお持ちの不動産によって大きく異なってきます。
節税になる場合とならない場合がありますし、また売るにしてもちゃんと事前に段取りよくしないと思わぬ出費やトラブルにまきこまれてしまうことあります。

但し全てが満足をお約束できるわけではありません。
ローンが残っている場合や、相続人の誰かが行方不明である、どうしても市場で扱えない物件など、困難な場合もございますので、その時は理由を説明します。


そしてもう一つの大きな特徴は、不動産取引に絡む殆どの専門家との太いパイプがございます。
普段から不動産鑑定士さん、家屋調査士さん、不動産屋さんと一緒にランチなどに集まっては不動産の話で盛り上がります。
しかも地域密着型ですので、神戸や兵庫などに関しては特に詳しいですので、適正な価格や問題点などすぐに指摘できます。


不動産鑑定士さん、家屋調査士さん、司法書士さん、不動産やさん・・・・
多分不動産鑑定士さん、家屋調査士さんは一般のご家庭の不動産売買の中ではあまり登場しませんが、大きな商業施設であったり、訴訟になった場合、農地転用の開発があった場合などお願いすることもあります。

それ以外は殆ど不動産屋さんで解決できます。
この不動産屋さんに依頼するのも、依頼の仕方を間違うと、いつまでも売れない、高く売れなかった、費用がかかりに過ぎた、みたいな問題が起こってしまいます。

また処分しないで、活用する方法もございます。

いきいき終活ライフのサイトで、住み替え資金やもう一つの年金として、空き家対策としてマイホーム借り上げ制度、又は自宅に住みなが自宅を担保にして銀行などの金融機関から借金をし、その借金を毎月(または毎年)受け取る方法と一括、或いは貸付限度額内で必要な時に必要額を引き出す様々なプランがあるリバースモーゲージについて少し説明していますので関心のある方はご覧になってください。

資金の 使い道は事業の目的を除き、生活費にあてるなど、自由です。契約満期時または契約者死亡時のどちらか早い時期に一括返済をします。 ⇒ 借上げ制度とリバースモーゲージ

また当事務所はNPO法人兵庫空き家相談センターの会員です。
社会問題になっている空き家問題を行政と連携し、他業種の専門家とチームを組みながらセミナーなどで問題提起や解決法にあたったり、実際に問題のある空き家の処分や活用などを行っています


不動産について何とかしたい・・・と思ったらご相談ください

mailform

pagetop